Google

どの位飲んだらいいのか?

2007年07月02日

有機ゲルマニウムの「飲む量」について

ご存知でしょうか?医薬品には必ず副作用があり、薬事法では半数の動物が死ぬのを致死量の測定基準としているそうです。薬は一定量を超えて服用すれば「有害」を飛び越え「死ぬもの」になるんです。こわいですよね

実はゲルマニウムにも服用による死亡事故が1985年にあったのです。そのことで今でもゲルマニウムは人体に有害だと唱えている人がいるようです。とても残念なことです。
真相はゲルマニウムといっても「二酸化ゲルマニウム」。有機じゃなくて無機二酸化ゲルマニウムの体内蓄積による腎機能障害による事故です。

当時は希少で入手困難だった有機ゲルマニウムのブームに便乗した一部の業者が、無機ゲルマニウムを有機ゲルマニウムと偽って販売したそうです。無機ゲルマニウムは人体に蓄積されるおそれがあると発表されていたにもかかわらず死亡事故が起きたりしたので、「ゲルマニウム」イコール「危ない」というイメージになったのです → 詳しくはコチラ

現在ではがんをはじめ、さまざまな病気に大きな効果を発揮する健康食品として、また医療の世界でも治験薬として多くの病院で利用されています。もちろん海外ではすでに医薬品として利用されています。本当に喜ばしい限りです

そしてもちろん有機ゲルマニウムには致死量がありません。副作用もなく、全くの無毒。いくら大量に飲んでも問題ありません

とは言っても毎日飲むものだし、決して安いものではありませんから、むやみにたくさん飲めば良いってもんじゃないですよね。ではそろそろ具体的にお話します。


■用量の目安

薬ではないので、決められた用量はなく、「これだけ飲めばこうなる」といった処方のようなものもありません。開発者の浅井博士の著書に、長年にわたり多数の医師によって治験薬として多くの患者に投与されてきた臨床報告の一部が掲載されており、あくまでもその実例に基づく目安みたいなものです。

※1g=1000mgですよ。


≪健康維持が目的の方≫  1日 250mg〜1g

≪病気の改善が目的の方≫ 1日 1g〜2g 場合により3g

あくまでも有機ゲルマニウムだけの量ですよ。溶かした水の量じゃないですよ!
必ず毎日飲んで下さいね。
1日の分は1回に飲んでも良いですし、数回に分けても良いですよ。
特に上限はありませんがMAXで1日3gで良いと思います。


ちょっとあいまいな感じで申し訳ないとは思います。あくまでも目安としてとらえて下さいね。病気の改善が目的の方は、きちんとした知識を持った信頼のおける販売会社で、なおかつ病気や健康の相談を受付しているところで購入することをオススメします。

ちなみに私自身は、タバコなどという最も体に有害な物質を毎日吸収していますので、がん予防にと1日500mg飲んでいます。以前よりせきやたんが減りましたよ

あと有機ゲルマニウムを飲み出してから健康的に食事を取るようにしたら、体重が半年で10kg、体脂肪が6%も落ちました。余談ですが、健康的にダイエットが出来ると、その人の1番やせていた時の体重に落ち着くそうです。みなさん頑張りましょう(笑)。でもそれ以上やせたら不健康なダイエットらしいです。お気を付け下さいませ。

参考までにお話します。有機ゲルマニウムの開発者である浅井博士は、自らが重症の喉頭がんにかかり手術を受けると決まってからは、「思い切り大量に摂取した」と述べています。この時の量にはふれてはいませんが、術後も抗ガン剤を断り、長年にわたり有機ゲルマニウムだけを毎日3gを服用し、再発もなく健康を取り戻したそうです。

また、浅井博士の著書の中に、横浜市の「岡沢クリニック」岡沢美江子院長の大変興味深い言葉がありますのでご紹介しておきます。

「人によって“効かない”と思う人もあろうが、それは自分の体がそれだけ悪くなっているからで、効かないのではなく足りないのだと声を大にして言いたい…」

--------------------------【お願い】------------------------

有機ゲルマニウムは決して安価なものではありません。

そして、有機ゲルマニウムを既に飲んでいる方や、これから飲もうとお考えの方の動機は本当にさまざまです。効果があまりに広範囲なので当然だと思います。また、信頼性のある安心の有機ゲルマニウムであれば、毒性も副作用もなく、過剰摂取の心配もない健康食品であるため、通販で誰でも気軽に購入出来てしまい、自由に飲むことが出来ます。これは非常に良いことだと思います。でも、その「自由さ」に大きな問題もはらんでいるのです。

有機ゲルマニウムの用法・用量についても「自由」過ぎるのです。これは、価格が高価であることも一因ですが、販売する側に最大の原因があることは否めません。

よくわからないままに、適量以下の用量で試し、効果の表れが遅かったり弱かったりして、「これは効かない」と思い服用をやめてしまい、お金を無駄にしてしまう人がいます。適量(必要量)をずっと継続できなければ、せっかくそれまで飲んできたことが、まったく無意味になってしまうのです。必要量とは、病気を改善していくご自分の体の自然治癒力と免疫力が、進行・増殖していく病気よりも上回るのに必要な量です。

また、好転反応に驚き、有機ゲルマニウムの副作用と誤解し、やめてしまう人もいます。有機ゲルマニウムに副作用はないと聞いていても、結局疑ってしまうのです。

これらについては、本当に残念なことだと思います。

だからこそ、私も簡単に「お試しください」とか、「治ります」とか、「痛みが消えます」とかは、絶対に言えないのです。

その方の「体の状態」「病気の原因」「病気の程度」などを十分考慮したうえで、さらに費用の負担のほどを真剣にご検討されたうえで、用量を決めてきちんと毎日服用していただきたいのです。そして適量をきちんと飲み続ければ、確実にその素晴らしさを実感できると思います。

できれば、健康管理士などが常駐する病気の相談ができる販売店で、用量(適量)や好転反応について相談をしてから購入することをオススメいたします。



(お問い合わせ等ありましたらお気軽にどうぞ)
info@germa100.com

 

gauss0421 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Google
メルマガ登録・解除