Google

有機ゲルマニウムの効果

2007年08月11日

体感度の高さと効果の多彩さ5

よく「なぜ薬ではないの?」と問われます。薬には必ず「副作用」がともないますが、これは健康な細胞にも攻撃的に作用してしまうからです。人間の体にとっては「異物」であり、「毒性」を持っているのが薬なんです

有機ゲルマニウムは「毒性」も「副作用」もまったくありません。薬の持つ「致死量」も有機ゲルマニウムには存在しないのです。過剰摂取の心配がないので、健康状態に合わせてたくさん摂取できますし、健康維持のために長期的に摂取していいわけです

有機ゲルマニウムを飲み始めた人が驚かされるのは、その体感度の高さです。まるで薬なみの即効力を実感できます。もちろん個人差はありますが、実感できないのは摂取量が少ない場合に多いようです。多くの人は飲んでから5〜15分位でおなかを中心にじわ〜っと温まり(弱いアルコール飲料を飲んだ時に似ています)、やがて体全体が温まり力がみなぎります。頭もスッキリして思考能力が高まる人が多いようです。脳にたくさん酸素が供給されるからでしょうか。脳は人間の体のなかでも1番酸素を必要とするらしく、体内酸素の約3割を脳が消費するそうです。飲酒後に飲むと、酔いが早くさめるとの声もあります

また、体感度の高さもさることながら、体感内容の多彩さに驚かされます。「飲むと元気がでる」「よく眠れる」「寝覚めが良い」「記憶力・意欲・集中力が高まる」というようなものから、とにかくあらゆる「痛みが消える」「高血圧が下がる」「リウマチが改善された」「冷え性がなおってきた」「便秘が改善された」「皮膚病がなおった」「重い難病が改善された」等、数えるとキリがなく、まさに「一薬万病」といえます。胡散くさいようですが事実なんです

日本の厚生労働省では、西洋医学の考えに基づき、薬の認定は「一薬一病」とされています。「1つの薬は1つの病気にだけ効くもの」ということです。「毒性」も「副作用」もなく過剰摂取OKで、医薬品なみの高い効果と即効性を持ち、しかも何にでも効く…ってこりゃ薬じゃないのもわかりますよね。医薬品にならなくて本当に良かったと思います。健康食品なら誰でもいつでも自由に飲めますからね


有機ゲルマニウムの多彩な効果

浅井一彦博士が有機ゲルマニウムを開発してから40年以上の歳月がたちました。その間、有機ゲルマニウムは全国各地の医療機関で使用され、じつに多くの病気に対して成果をあげてきました。
「ガン」への効果はその代表的なものですが、「C型肝炎」や「リウマチ」「高血圧」、または「アトピー」や「骨粗鬆症」から、強い鎮痛作用による腰痛・膝関節痛・神経痛まで。さらに老化の指標の一つとされているアミロイドの発生を抑えることによるアンチエイジング効果や美容効果・脂肪燃焼作用によるダイエット効果まで…列挙すると本当にキリがないのですが、あらゆる文献・資料から知る限りすべて記してみます。


ガン・高血圧・糖尿病・肝炎・肝硬変・リウマチ/膠原病・動脈硬化・肺炎・ぜんそく・胃潰瘍・胃カタル・自立神経失調症・ノイローゼ・うつ病・分裂病・食道静脈瘤・子宮筋腫・ギランバレー症候群・アトピ−性皮膚炎・皮膚症状(強皮症・掌蹠膿疱)・てんかん・パーキンソン病・スモン病・ネフローゼ症候群・ムチウチ症・アルコール中毒禁断症状・さまざまな炎症・骨代謝改善(骨粗鬆症)・脂肪燃焼・冷え症・肩こり・便秘・美肌・各種鎮痛作用(生理痛・頭痛・神経痛・ひざ関節痛・腰痛)・疲労・不眠症・ぢ・胃下垂・花粉症・夜間多尿症・二日酔い・一酸化炭素中毒・健康児出産・産後の早期回復・アミロイド蛋白抑制による老人性痴呆症・アンチエイジング効果(しわ・たるみ・白髪)・白内障・各種更年期障害・各種感染症・インフルエンザ予防…


さすがに「酔い醒まし」とかは見当たりませんね
でも実は、私もその効果の実感者の1人です。二日酔いにも本当に良いです。よかったらお試しあれ

あ、くれぐれも購入の際は安全の確認されたものをお選びくださいませ





gauss0421 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Google
メルマガ登録・解除